音響セットアップ

自分で音響機器をセットアップしたり、運用するのって難しそう

という方はぜひ事前にこのページを見て使い方を理解していただけたら実際にイベントで使用するときのイメージがわいてくると思います。

弊社貸し出しのPAシステムYAMAHA STAGEPAS 600BTは本当に簡単!


こちらは弊社キャラクターの雪上のわがセットアップしている動画です!

1. まずPAセット以外で準備していただくものは電源とミキサー部分を載せるスペースの確認!

電源ケーブルが2mくらいしか無いので、電源の場所はしっかりと確保してください!

コントロール部分(ミキサーとアンプが入っています)は地面の上に直接置かないでください!

必ず椅子やテーブルなどに置いてご使用ください、スピーカーに収納した状態で使っておられる方も拝見しますが、重心が高くなりスピーカーが転倒する危険性が高くなるので必ず使用中は外してお使いください。

2.場所が決まればセット内容の確認!

YAMAHA STAGEPAS 600BT以外に、レンタルしたマイク、ケーブル類(STAGEPASのスピーカーの裏にも入っております)、スピーカースタンド、マイクスタンドがあるか足りないものは無いかを確認します。

組み立てに滑り止めの付いた軍手がおすすめです!指を挟んでしまうこともあるかもしれませんのでぜひお持ちの方はお使いください。

弊社でレンタル前に必ず確認していますが、万が一ケーブル類が破損している(断線を含め)場合はすぐに弊社にご連絡ください!

3. スピーカーの裏側に付いているミキサー部分ともう片方の中のケーブル類を出します

YAMAHA STAGEPAS 600BTはミキサー部分と必要ケーブル類が全てスピーカーの裏のスペースに収納されております。取り出して蓋は紛失しないように元に戻しておきましょう

4.スピーカースタンドを立てます

スピーカースタンドをケースから出して、下の方のネジ部分を緩め三脚部分を広げて所定の位置に配置してください。安定性を上げるために足は広めに開いてください。

その後ネジを締めてこの工程は終わります。(絶対にこの時に上のネジは触らないでください!高さをあげてしまうとスピーカー取り付けが大変危険になります!!)

5.スピーカーを取り付けます

スピーカーの後ろに収納されていた、ミキサー部分とケーブルを取り出したあとスピーカーをスタンドの上に取り付けます。スピーカーの底部分に穴が空いていてそれがスピーカースタンドの先端部分にはまるように作られています。特にスピーカーには左右の決まりが無いのでどちらを右にしも問題ありません。

小柄な女性は必ず二人で作業するようにしてください !

スピーカーがハマればスピーカーの裏面下部にあるレバー(固定用)を下げてください。スピーカーをロックすることができます。

6.ミキサー部分をテーブルなどに置く

ミキサー部分を動かない安定した場所にしっかりと置いてください。

7.ケーブルでミキサーとスピーカーをつなぐ

黒赤2色のケーブルをスピーカーと繋ぎます。ステージに向かって右にあるスピーカーをミキサーの右上の赤いエリアの「R」と書いてある部分と繋ぎ、左にあるスピーカーを赤いエリアの「L」と書いてある部分と接続します。これでスピーカーとミキサーの設置は完了しました。一度ミキサー上の一番下の列のツマミが全て下がっているのを確認して電源(パネルの右下のボタン)を押して通電してるのを確認してみましょう。

8.マイクや楽器をつなぐ

マイクはマイクケーブルを使って、チャンネルの1〜4に1から順に繋いでください。つなぐ時にインプット(ケーブル挿す部分)の下のMIC/LINEの切り替えをMICに変わっていることを確認してください。

3と4にはマイクの他にギターやキーボードなどの楽器を繋ぐこともできます。もし楽器に電池が入っていないもの(エレキギターや電池なしのアコースティックギターなど)はチャンネル4のHi-Zをオンにしてください、電池を使っていない楽器から出る微弱な電気信号も力強い音に変えてくれるチャンネルです。キーボードやエレアコなどは普通にLINEとして繋いでも問題ありません。

9.音が出るか確認してみましょう

それでは電源が入っているのを確認して、ミキサーのツマミの一番右の赤いツマミが全体(マスター)の音量(レベル)になります

まずはマスター(MASTER)のレベル(LEVEL)を▲の部分まで最初に上げてください

その後接続したマイクや楽器のレベル少しずつ上げながら調節してみてください

絶対にツマミを上げた状態では電源を入れないでください!破損の原因になります!!

10.BGMをかけてみましょう

お手持ちのスマホやパソコン、MP3プレイヤーなどを接続してBGMを流すことができます。接続にはいくつかの方法があります。

その1 Bluetoothによる接続

これが一番簡単です、他のBluetooth機器のようにミキサーのBluetoothのマークのボタンを3秒押し続けてスマホなどとペアリングすればすぐにBGMを流すことができます。事前にプレイリストを作っておくことでスムーズにイベントBGMを流すことができます。

この場合音量はチャンネル9/10で調整します

※ ご注意 Bluetooth接続は何も音楽が流れていないと接続が勝手に解除されることがあります

その2 ケーブルによる接続

チャンネル9/10にケーブルで接続することも可能です(ケーブル貸し出しいたします)。その場合もチャンネル9/10で音量が調節できます。ノートパソコンからですとこちらがおすすめです。

その3 RCAケーブルによる接続

ご家庭にあるCDプレイヤーはRCAケーブルを使うものもあります。チャンネル7/8にはRCAのインプットもあるので接続していただくことも可能です。

以上がセットアップまでになります。次はサウンドチェックについて解説いたします。