今こそ”ネット配信”に活路を!!

“ネット配信”で北海道に今こそ新しいイベントの形を

正直、イベント業コロナウイルスの影響でめちゃくちゃピンチです。イベントのキャンセル多いです。そこで今日は新しい取り組み”ネット配信”について考えてみたいと思います。

キッカケは先日”ネット配信”のお話しをいただいたこと

今月はじめくらいに、ある会社の方からネット配信の機材レンタルお願いしたいとお問い合わせがありました。そもそも、イベント用の機材レンタルはしているのですが”ネット配信”のためにレンタルということを考えていなかったので、お話を聞くとうちの機材で十分対応ができることに気がつきました。

今だからこそのネット配信

このイベント自粛ムードだからこそ、”人が集まらないイベント”つまり”ネット配信”に活路があるのではないでしょうか?

例えば屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いることが、感染のリスクを高めるとされています。イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況などを踏まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。なお、イベントなどの開催については、現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではありません。

厚生労働省 令和2年2月20日 加藤大臣改憲概要より

一応加藤大臣は直接的には自粛を要請するという形は取りませんでしたが、結局は社会的な圧力に負けて中止を決める主催者が多いように見受けられます。

だからこそ外出しないで楽しめるイベント、つまりネット配信という新しい手段を試す機会と捉えませんか?

何よりライブ配信であれば動画と違い相互交流が可能となります!

ライブの配信

正直、ネット配信はスマホがあれば誰でもできる時代です。なので特別に機材は必要ないのですが音楽に関してはどうでしょうか?

音楽ライブの配信ではどうしても”綺麗な音を届ける”ことがスマホでは難しい側面があります。だから僕らイベントレンタルの会社が「ライブと同じクオリティ」で配信をお手伝いさせていただくことができます。

せっかく沢山練習したのにイベント自体が中止・・・

それならそのまま来場者なしでも配信しませんか?確かにお客さんがいるのといないのでは違うかもしれませんが、絶対に見てくれる人はゼロにはなりません。そのライブを楽しみにしていたファンの方は見てくれますし、YouTubeのようにアーカイブとして残せるプラットフォームもあるのでとても有益だと感じております。

まずはお問い合わせください!

配信用の機材のレンタルは規模によって使う機材が変わるので、ぜひお問い合わせください!

目安は先日のブログ記事に書いております。

デジタルミキサーでしっかりミキシング

デジタルミキサー 画像

弊社のAllen&Heath Qu-16がみなさまの音を綺麗にバランスを整えてネットで配信いたします。スマホでは絶対に聞き取れない音の奥行きなどを作ることができます。

北海道どこでも行きます!!

何せこんな時期です、札幌以外でも函館でも十勝でも北見でもどこでも行きます!まずはお問い合わせください!

メールかお電話で

スタッフが常にオフィスに在席していないので、メールの方が確実です。

メールはこちら!

info@projectknowwhat.com

お電話はこちら

011-676-8096

がんばれ北海道!コロナウイルスに負けるな!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です