失敗しないイベントの音響レンタル その2

失敗しないイベントの音響レンタル その1」を読んだみなさん

ある程度ご自分が主催されるイベントに必要な音響機材の規模が掴めてきましたよね?

そこで次はどれを選んだら良いのか?どの機材が必要なのか?です

結論から申します。もしそこまで大きいイベントではなく、来場者も1000人単位で無いのでしたら

僕の答えとしては「簡易PAセット」を選んでおけば間違いない!

です。

 

そもそも

音響機材は本当に様々なものがあります

ごくごく簡素なものを図にしてみました

例えば司会の方が喋った声はマイクを通して、ミキサーに流れ電気信号の量などを調整した後、アンプに届き増幅された信号がスピーカーから音として出てくるのが大まかな流れになります

簡易PAは上図のマイク以外全て揃っております!

スピーカースタンドやマイクケーブルも必要ですが、一応マイクと簡易PAがあれば音は出る!と覚えておいてください。いちいちバラバラで揃える手間が省けますし、一つ一つ揃えるより収納が優れているものが多いので簡易PAセットはとても便利です!

サウンドハウスさんで販売している簡易PAセット

じゃあ音響さんが使ってるゴテゴテした黒い箱みたいなやつ何?

あれには安定した電源供給できる機材、エフェクト(リバーブ、コンプレッサー)、ハウリング対策にも使えるグラフィックEQ、CDプレイヤー(音とびしにくい業務用)やもちろんアンプが入っていたりもします!他にもマイクをたくさん使用する場合のハブなど多種多様な機材が入っていることもあります。

小規模イベントに必要ですか?

正直、小規模イベントには必要ありませんしイベントを行う上で最低限必要なものは上記の簡易PAセットに全て含まれております、モノによっては簡易PAにリバーブなどのエフェクトやコンプが入っているものもあります。

ハウリングをしやすい屋内でのイベントなど、グラフィックEQがあれば便利ですし言い出せばキリがありません。

予算とも相談

お金をいただいてやるライブでしたらある程度の機材は揃える必要はあると思います、しかしお祭りなどのイベントに関してはそこまで機材にこだわる必要も無いと思います。

簡易PA(音響)セットは地方の小規模イベントの救世主

低予算だけど、ステージで色々な出し物をしたいし遠くまで喋っている内容が伝わるくらいの音響設備が欲しい。そんな方のためにあるのが簡易PAセットです!初めてのイベントであれば最初のコストを抑えてイベントを成功させることができます。もし音質に物足りなさを感じるのであれば1ランク上の機材を検討したりすることもできます。

弊社はヤマハのSTAGEPAS 600BTという簡易PAセットをレンタルしております!

簡易PAにも色々ございます。ほとんどが外国のメーカーなのですが、国産でもヤマハ等が生産しております。弊社が北海道内でレンタルしているのはヤマハの簡易PAシステムなので、付属マニュアルも日本語で詳しく書いてありますし、弊社の説明書も分かりやすく解説してあります。ぜひ、道内でイベントを検討していらっしゃる方がおられましたらご検討くださいませ。

レンタルのページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です