失敗しないイベントの音響レンタル その1

小規模イベントで音響レンタルを考えているのですが…

イベントを行おうと思うと色々なレンタル業者さんのお世話になると思います。その一つに音響があり、音響が悪いと司会の方やパフォーマーの方の声が聞こえなかったりなどイベントの成功に寄与する大事なものです。今回は失敗しない音響選びについて考えてみたいと思います

音響のレンタルでは大事なのが規模!

音響の機材はイベントの「サイズ」によって使う機材がかなり異なります、屋外と屋内でもかなりの違いが出てしまいます例えばどんな違いがあるのか説明させていただきます

イベントの規模と音響

屋内外のイベントではお客さんとの距離が問題になります。ちなみに高音は低音に比べて遠くに届きにくい性質があるので大きいイベントですと高音を奥のお客さんに届けるためのスピーカーと原音に忠実な低音を再現するスピーカーが必要になります(参考リンク)

屋内であれば建物がどれだけ反響するか等にもよるのでまた条件は変わってきます

ワンズウィルMusicSchoolさんより http://www.ones-will.com/blog/dtm/music-theory/9052/

そのため大きいイベントになればなるほど大きな機材が必要になります(野外フェス等)しかし、これは地元のお祭りなどにも言えることでステージ近くで綺麗に聞こえていた歌声も遠くでは少しこもって聞こえてしまったりします

ではどんな機材を選べば良いのか?

まずは機材のホームページからその機材のスペックを確認してみましょう!「レンタル」機材に絞るのであれば、専門技術が必要となる大掛かりなものよりは、まず簡易PA(音響セット)をみてみます。

この時に注意してみてほしいのがスピーカー部分の出力の合計数(ワット数)です、個人的な意見ですが小規模なものに関しては大まかな目安としては

【屋内イベントの来場者<合計のワット数】

【屋外イベントの来場者 ✖︎ 1.5<合計のワット数】

【ライブならその倍くらいのワット数】

これが成立していれば、パワー不足でイベントが盛り上がらないということは無いと思います。では実際のスペックを確認してみます、例としてヤマハのSTAGEPAS 600BTのスペックは(ヤマハのサイトより

赤字の枠に注目して欲しいのですが、ここでは最大出力(連続)では280Wが左右で二つなので合計560Wの出力となります。

つまり、【屋内なら500人程度で屋外なら370人程度までカバーできます】

【ライブであれば屋内なら250人程度、屋外135人程度までカバーできます】

※一つの目安として捉えてください!前述した通り反響するものがあればまた音の聞こえ方も変わりますし、近くでもステージをやっていたら聞こえ方も変わってきます

レンタル業者さんを比べる時に出力を一つの指標にしてみてくださいね!次回はミキサーなどの機材についてお話してみようと思います。